独立してフリーランスの仕事をするやりがい

エンジニアやプログラマーは、独立してフリーランスになると自分の技術力で仕事を取っていくことになる。そのため、フリーランスがやりがいを感じる時として、指名されて依頼があった時、目標の収入額を超えた時があげられる。
独立して間もない時は、クラウドソーシングやコンペなどを利用して自分から売り込みをしなければいけない時期である。もしかしたら、独立前のコネで仕事を得ることはできるかもしれない。
しかし、技術がなければ一回きりの仕事で終わり、次につなげることが難しい。安定した収入を得るためには継続した仕事の依頼を得ることが重要である。そのため、指名されて仕事があると、やりがいを感じるフリーランスが多いようだ。他にもたくさんのエンジニアやプログラマーがいる中で自分を選んでもらえたということは、やりがいとともに自信にもつながる。
また、独立すると気になるのが収入面である。会社に雇われていた時のように、毎月決まったお金が入ってくる生活ではなくなる。家族を養わなければいけない場合はプレッシャーもある。フリーランスとして、おおよそどのくらいの収入があれば希望する生活を送ることができるかは、多くの人が目標として設定している。
独立したての頃は目標金額に届かないことも多いかもしれない。しかし、努力を重ねて収入が目標金額を突破した時、フリーランスとしてのやりがいを感じることができるだろう。自分の技術がダイレクトに収入に結び付くので、収入が増えるということは自分の技術が認められたということを証明している。